介護リフォーム

先々、介護も日常のことです。毎日が無理なく介護を続けられることが大事です。
緒方建築は、住まいの日常を改善し、「家族の介護の負担」と「これからの老後の心配」を少しでも和らげるお手伝いが出来れば幸いです。

親の介護

昔は、結婚して親子が一緒に住むことが当たり前でした。 しかし、近年はその形も変わってきました。 親との別居や遠く離れての親との別居の家庭が増えてきましたが、どのように暮らしていても親の介護という問題には必ずあります。
いざ、親の介護が必要になったら、介護を受ける側と介護される側、お互い色々な思いが出てきます。
・子どもに迷惑をかけられない ・親孝行したい
このような、お互いの思いをつなぐのが介護リフォームです。

行動を考えて介護リフォームを行う

介護を受ける側の行動を考え、その行動を補佐するように介護リフォームをしましょう。

事故が起きる前に

日常生活で不便を感じたら、介護リフォームのタイミングです。
事故が起こってからでは遅いのです。
家族内の誰が事故になる前に、リフォームを検討しましょう