2015-02-23

こんにちは~(*^_^*)

今回は以前よりお世話になっているK様邸の

介護に伴う住宅改修工事の施工事例を紹介したいと思います。

まずは、介護に伴う住宅改修工事の種類を紹介します。

1手すりの取り付け

2段差の解消

3滑りの防止及び移動円滑化のための床又は通路面の材料の変更

4引き戸等への扉の取替え

5洋式便器等への便器の取替え

6その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

があります。

今回は1の手すり取り付け工事の施工事例を紹介します。

まずは、K様邸のご主人、ケアマネージャーさんとお話しして、

手すり位置を決めました!!!

11018598_819876004762068_2072371582588223106_n[2]  11015953_819876014762067_7385240561638727504_n[1]

玄関土間からの段差が高く以前は、靴箱を手すり代わりにしていたそうです。

↓しっかりと固定します。

10993080_819876028095399_5406074019846816074_n[1]     10991350_819876044762064_8296372079287177466_n[1]

                       ↑土間タイルにもしっかりと固定します。

最後にK様邸のご主人とケアマネージャーさんに

確認して頂き工事完了です。

11021103_819876064762062_8801010118543171059_n[1]   1795500_819876081428727_3206621170541942716_n[1]

K様邸のご主人も前より上り下りがし易くなったと

おっしゃられていたので大変良かったです。

 

その他ご不明点やご相談などございましたら

お気軽に佐賀県鹿島市の緒方建築にご相談ください。