2015-04-18

おはようございます!(^^)!

今日は、O様邸遣り方出しを紹介したいと思います。

遣り方出しとは、、、

水盛り・遣り方(みずもり・やりかた)とは 工事を着手する前に、 建物の正確な位置を出す作業のことで、

別名、丁張り(ちょうはり)とも言います。

水盛り・遣り方 は、まず、設定GL(基準となる地面の高さ)を決め、

約1.8m間隔に水杭(ミズグイ)を立て、水平ライン(基礎の上端の高さ)を記し水貫(ミズヌキ)でつないでいきます。

水杭と水貫が動かないように、筋交い貫(すじかいぬき)を斜めに打ち付けて固定します。

更に水貫と水貫の間に水糸を張って、 基礎(建物)の中心線を印します。

水盛り・遣り方2水盛り・遣り方はレーザーによる位置出し器を使って直角や水平を出しますが、

レーザーが普及していない頃は、原始的な方法で正確な直角や水平を出していました。

 ↓豆知識!!!

直角の出し方は 辺長さが、3m、4m、5mの三角形を作ると、 直角三角形を作る事ができます。

大工さんはこれを「サシゴ」といっています。

10004076_847844888631846_8410576649183842280_n[1]    11038640_847844915298510_7505498255733651928_n[1]

11130282_847844925298509_3453203135418761013_n[1]    11133675_847844958631839_1769329870147805461_n[1]

建物の位置出しが終わったので、基礎工事へ進んでいきます。

 

基礎工事は、また後日UP致します。

 

佐賀での、新築工事、リフォーム工事などお困りの際は、

是非、鹿島市の緒方建築にご相談ください。