2015-09-07

こんにちは(#^.^#)

今日は、O様邸新築工事(土台敷き・上棟)の紹介をしていきます。

まずは、土台敷きを紹介したいと思います。

土台敷きとは、基礎コンクリートの上に、土台や大引などを設置していく作業です。

この土台敷きやこのあとの構造部分は住宅の骨組みとなる大変大事な工程です。

土台や大引を敷き込む前に、防蟻・防虫処理を行います。

021 024

基礎の天端には基礎パッキンを敷いていきます。基礎パッキンは、基礎と土台の間に設置するもので、

床下と外部の換気を目的としています。

ここまでの作業を終えた後に、防蟻処理しておいた土台を基礎に敷いていきます。

しっかりアンカーボルトで締め付けて固定します。

025 028

次に上棟の様子を紹介したいと思います。

093 106

まず柱を立て、胴差(どうさし)や梁といった横架材で柱と柱を水平方向つないでいきます

天井部の梁(小屋梁)から上に、小屋束・母屋、垂木(たるき)、

火打ち梁、棟木、野地板と設置しておきます。これらを小屋組と言います。

棟木まであげれば、いわゆる上棟(棟上げ)です。

200 215

以上、土台敷き・上棟の流れの紹介です。

 

佐賀での、新築工事、リフォーム工事などお困りの際は、

鹿島市の緒方建築にご相談下さい。

 

追記

O様邸のご家族の方が「餅まき」をされたので、近所の子供さんもたくさん集まって来られました(^○^)

244 250

又、職人さんたちの「慰労会」も開いて下さいました。 ありがとうございました。