2015-08-19

こんにちは~(@^^)/~~~

だいぶご無沙汰してすみません(-_-;)

今日は、O様邸新築工事基礎(配筋・生コン打設「底盤部分」)工事を

紹介したいと思います。

まずは、配筋工事を紹介したいと思います。

 001

配筋は基礎の底にあたる底盤(コンクリートスラブともいう)を先に行い、

その後、基礎の立ての部分にあたる立上り部分を行います。

鉄筋と鉄筋は結束線で結んで固定します。

これをしておかないとコンクリートを打設するときに、鉄筋がずれてしまうことがあるからです。

配筋工事の現場を見ると、写真のような塊を目にすることでしょう。

 

これは、スペーサーブロックというもので、通称はサイコロです。

現場ではサイコロとかスペーサーと呼ばれています。

このスペーサーブロックを鉄筋の下に敷くことで、

鉄筋の下側のコンクリートの厚み(かぶり厚)を確保することができるので重要なものです。

 

次に生コン打設「底盤部分」を紹介します。

打設したコンクリートはバイブレータで締め固めを行います。

これは、ジャンカ(コンクリート表面に見られる砂利の凝集・露出部分)や

コールドジョイント(前に打設した層のコンクリートが硬化し始めた後、

次の層が打ち継がれることによって生じる不連続的な接合面

などが出来ないようにするために必要な作業です。

これにより、コンクリートが隅々に行き渡るようになり、且つ余計な空気や水分を出すこともできます。

 007

基礎の底盤部分のコンクリート打設を完了したら、養生して乾燥させます。

 008 (2)

しかし、すぐに基礎立上りの内側面の型枠を設置し始めることも多いので、

養生シートまですることはあまりありません。

以上で、基礎(配筋・生コン打設「底盤部分」)工事の紹介は終わりです。

 

次回は、基礎(配筋・生コン打設「立ち上がり部分」)工事を紹介します。

緒方建築は、フェイスブックもしているので是非チェックしてみてくださいm(__)m

佐賀での、リフォーム、新築、基礎工事などお困りの際は、

是非、鹿島市の緒方建築にご相談ください。