2015-04-23

こんにちはー(^○^)

今日は、O様邸新築工事基礎(型枠・盛土)工事を紹介させていただきます。

まず、最初に「型枠工事」の説明をします。

10553431_851511944931807_2364530425996048341_n[1]    11174859_851511971598471_7635820203499560581_n[1]

型枠工事は簡単に言うとコンクリートの基礎を形成する為の工事のことです。

コンクリートを流し込むために、ベニヤ板や金物を流用し、基礎形状を確立させます。

その後、建てられた型枠の中にコンクリートを流し込み、

硬化後にその型枠を取り外せば基礎の形成が出来上がります。

コンクリートの基礎を形成する工事を『型枠工事』と言います。

11174990_851512311598437_4972988565807775219_n[1]  11156116_851512218265113_3159744883726568322_n[1]

型枠工事と盛土工事は併用して、行われました。

次に「盛土工事」を紹介します。

10452347_851511998265135_6597043165970325018_n[1]    10392324_851512028265132_2746925983771634299_n[1]

現存する地盤上に新たに土を盛ること。用地標高を高くするために行なうこともある。

下層地盤特性把握しないで盛土がなされた場合あるいは転圧不足の場合不同沈下原因になる。

10906508_851512041598464_3285410451969031650_n[1]  11055724_851512358265099_5880962603546544165_n[1]

以上で、基礎(型枠・盛土)工事の紹介を終わります。

 

引き続き、O様邸新築工事紹介していきたいと思います。

次回は、基礎(配筋・生コン打設)工事を紹介する予定です。

 

佐賀での、新築・基礎工事などお困りの際は、

鹿島市の緒方建築に、是非、ご相談下さい。